ホーム > ミマキの仕事 > ソフトウェア開発

ミマキエンジニアリングにおける「ソフトウェア開発」とは?

ミマキエンジニアリングにおける「ソフトウェア開発」とは?

当社は産業用インクジェットプリンタやカッティングプロッタのメーカーですが、プリンタ本体はもとより、インク、ソフトウェアの開発もトータルに行っている国内では珍しいメーカーです。精度の高い印刷を支えるため、画像を適切な色でプリンタへ送信するアプリケーションが必要不可欠です。

また、プリンタ本体を制御するために組み込まれるソフトウェア(ファームウェア開発をご覧ください)も開発に求められるポイントです。

「ソフトウェア開発」の職務概要

「ソフトウェア開発」の職務概要

C言語などにより様々なアプリケーション(当社プリンタにバンドルされるRIP(ラスターイメージプロセッサ)ソフトウェアやカラーマネジメントソフトウェア、Adobe®️ Illustrator®️ のアドオンであるカッティングソフトなど)の開発や3Dプリンティングソフトウェアの開発、組込みソフトウェア(ファームウェア開発をご覧ください)の開発が主な職務です。

「ソフトウェア開発」での取り組みとは?

「ソフトウェア開発」での取り組みとは?

ミマキが求めるアプリケーション開発/ソフトウェア開発のミッションは3つ

  • ・ユーザーの使いやすさ
  • ・美しい色表現の実現
  • ・高精度/高精細なプリント品質の実現

プログラムはあくまで手段、求められるのは顧客やユーザー視点での「仕事道具」としての品質追求です。そのための考え方や工夫がダイレクトに当社製品の評価につながっています。

「ソフトウェア開発」のやりがいとは?

「ソフトウェア開発」のやりがいとは?

2001年発売のRasterLinkPro以降、ミマキは15年にわたり独自のRIPアプリケーションを自社で開発し続けてきました。お客様からのご要望を反映させ「高機能」かつ「使いやすい」アプリケーションを目指して、これまで改良を重ねてきました。現在当社のプリンタは世界約150カ国以上のお客様にご愛用いただいております。

アプリケーションをご利用いただいているユーザー様より好評をいただいた際に、もっとも喜びとやりがいを感じ、また課題に対して苦労して考え抜いた方法を試し、良い結果が得られた際には大きな達成感を感じられます。

また、アプリケーション単体での挙動は当然ながら、自社製品であるプリンタ実機の挙動や印刷(出力結果)についても、当社ソフトウェア開発者の目に見える形で評価するといった、一般的なシステム開発者と異なった「ダイレクト」で「リアル」なやりがいを感じられる職務です。

「ソフトウェア開発」で活かされるスキルとは?

「ソフトウェア開発」で活かされるスキルとは?

求められるスキルは様々ですが、生かされるスキルの代表格は「利害関係者間の調整能力」です。ユーザーはもとよりプリンタの開発者や営業、マーケティングなど様々な人々が評価し、そのフィードバックをもとにアプリケーションの開発が行われます。コミュニケーションを重視し、上流工程でしっかりと方向性を示すことが開発者に求められるスキルです。

そういった背景から、アプリケーション開発のための言語習得は必須ではありません。極端に言えばプログラミングスキルは「未経験者歓迎」「採用後に習得」であることが、多くの社員に広く可能性を見出す当社ならではの取り組みです。

必要なのは上流工程を考え、そのうえでコーディングする。コーディングスキルが立派であっても「指示/仕様どおりにプログラミングをする」だけでは、評価されないのが当社のソフトウェア開発文化なのです。

「ソフトウェア開発」部門責任者からのコメント

「ソフトウェア開発」部門責任者

「ミマキのソフトはほかと一味違う」お客様からの声の中で一番うれしいお言葉です。市場のニーズだけでなく、常識にとらわれない発想でシーズを生み出す。そんな風土がお客様のご満足に繋がっています。

我々は単なるソフトウェア開発集団ではありません。ソフトウェア開発専門企業のように洗練されたソフトウェアはつくれないかも知れません。しかし面白いものを造る自信があります。お客様や現場からの叱咤激励を糧に「次こそはスゴイものを造るぞ!」という思いが我々を成長させてくれています。スゴイものを開発するためには豊かな発想、それを具現化する技術、実現させるガッツが必要です。一人ですべてを兼ね備えている必要はありません。皆で補完しあえばよいのです。ミマキだからこそ経験できるチーム開発の醍醐味を味わってみませんか。

地元東御市が誇る巨峰の房のように、おいしさがギュッとつまった開発軍団になり、世界中のお客様をよろこばせる。そんな組織を目指しています。

先輩社員の声

先輩社員の声 一覧へ

募集要項

応募資格 2020年3月に大学院、大学、高専、短大、専修学校を修了・卒業予定者または卒業3年以内で職歴がない方
※海外留学生、セメスター制の方は別途、ご相談ください
募集学科 技術:情報系、理学系、機械系、電気系、物質・材料系
営業:学部・学科不問
事務:学部・学科不問
諸手当 通勤手当(社内規定に準じ全額)、外勤手当、残業手当、家族手当、地域手当、資格手当、特許報奨金、借り上げ社宅制度
勤務地 本社・工場・開発(長野県東御市)、営業拠点(全国15拠点)
長野開発センター(長野県長野市)
八王子開発センター(東京都八王子市)
グラフィッククリエーション(長野県東御市)
ミマキプレシジョン(長野県東御市)
海外拠点(アメリカ、オランダ、ドイツ、イタリア、台湾、中国、ブラジル、インドネシア、シンガポール、オーストラリア、インド、トルコ、リトアニア)
勤務時間 8:20~17:20(長野県外拠点9:00~17:45)
福利厚生 制度:退職金制度、財形貯蓄、育児休暇制度、社員持ち株会、介護休暇制度 施設:長期出張者用宿泊施設(長野県東御市)
教育制度:新入社員研修、管理職研修、社内勉強会、社外セミナーへの派遣
その他:クラブ活動、ミマキまつり、スキー教室、山登り&BBQ大会、社内スポーツ大会、東御市民祭り、東御市合同親睦スポーツ大会
保 険 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
休日・休暇 年間休日120日
週休2日制(土日・祝/年に4回程度土曜出社あり)
年次有給休暇(入社半年経過後10日~)
年末年始・夏季・GW(連続休暇あり)
産前・産後・育児休暇(復職後、時短勤務可能)
慶弔休暇
給 与
※新卒基本給
大学院    卒:236,500円
大学(技術系)卒:213,000円
大学(文系) 卒:210,000円
高専(専攻科)卒:213,000円
高専(本科) 卒:202,000円
短大(技術系)卒:186,000円
短大(文系) 卒:181,000円
高校卒    卒:165,000円
※中途採用における給与条件は募集職種/ポジションによる
昇 給 年1回
賞 与 年2回(7月・12月) ※2018年実績 5.91ヵ月
採用実績校 早稲田大学、青山学院大学、学習院大学、信州大学、千葉大学、埼玉大学、東北大学、東京外語大学、慶應義塾大学、富山大学、獨協大学、横浜国立大学、法政大学、新潟大学、中央大学、同志社大学、北海道大学、横浜市立大学、東洋大学、工学院大学、名古屋大学、東京工業大学、東京電機大学、東京農工大学、東京理科大学、茨城大学、金沢大学、神田外語大学、京都工芸繊維大学、岐阜大学、愛知県立大学、芝浦工業大学、首都大学東京、電気通信大学、東京医科歯科大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、長野工業高等専門学校 ※内定者含む
商号 株式会社ミマキエンジニアリング
設立 1975年8月
資本金 43億57百万円
本社所在地 長野県東御市滋野乙2182番地3
TEL:0268-64-2281(代) / FAX:0268-64-2285
役員
代表取締役会長 池田 明
代表取締役社長 池田 和明
専務取締役 竹内 和行
取締役 三宅 洋
取締役 羽場 康博
取締役 清水 浩司
取締役 牧野 成昭
取締役相談役 田中 規幸
取締役(社外) 田中 誠
取締役(社外) 荒井 寿光
常勤監査役(社外) 善野 洋
監査役(社外) 岩下 智和
監査役(社外) 土屋 幸夫
従業員数 単体811名 連結1,941名
※2018年9月末日現在
事業内容 コンピュータ周辺機器及びソフトウェアの開発・製造・販売
主な取引銀行 (株)八十二銀行・(株)三菱東京UFJ銀行・(株)三井住友銀行・(株)みずほ銀行
上場金融商品取引所 東京証券取引所市場第一部
証券コード 6638
この職種に応募する(新卒) この職種に応募する(中途)

その他の職種はこちらから