LIFE センパイの声

  • Uターンの先輩
  • 長野to長野の先輩
  • Iターンの先輩
  • Iターンの先輩

I ターン転職の先輩 姫田佳子さん

「東御市は人気の移住スポットなんです。東京まで1時間ほどですし、なんといってもワインの産地ですから(笑)」

特許に関する申請や管理を行うので技術的な知識は必須。海外とのやり取りも多い職種です。

今の仕事について教えてください。

経営企画本部新ビジネス開発室に所属しています。当部署では、自社のプリント技術を活かした新ビジネスの開発を行っています。ミマキエンジニアリングは海外市場が約75%と大きいので、海外とのやりとりも多いです。

転職を考えたきっかけは何ですか。

異動の可能性が出てきたことが最大のきっかけで転職を考え始めました。また、大きな組織だったため、意見が通るスピードが遅かったことにも少し不満を感じていました。やりたいことが決まっていたので、転職先は地域にこだわらず全国から探しました。

ミマキに決めた最大の理由は?

海外関係がやりたかったので、売上の約75%が海外という大規模な海外展開をしているミマキはまさにうってつけでした。しかも業績も伸びている企業なんて全国でもまれなのではないでしょうか。それに、面接で初めてミマキを訪れたのは11月のことでしたが、ちょうど紅葉がきれいな時期でした。それですっかり長野を気に入ってしまいました。

実際に長野で暮らしてみていかがですか。

ワインが好きなので、東御市には個性的なワイナリーがたくさんあるのがうれしいです。こんなに身近にワイナリーがある環境なんて日本では珍しいのではないでしょうか。ワイン好きなら絶対うらやましがりますよ。
それに、特に小さなワイナリーですとちょっと通っているとすぐにお店の方と仲よくなれたりするんですが、これも都会だとあまりないですよね。そんな街のサイズ感もとても気に入っています。
Iターンで一人も知り合いがいないなかで移住した私にとっては、いろいろな方とすぐに仲よくなれるというのはとても大きいと思います。

住んでいて不便を感じることは?

24時間開いているスーパーやレンタルビデオ店などは自宅の近くにあるので、一人暮らしでもそれほど不便は感じていません。ただ、書店や飲食店の数は少ないうえ、あっても閉店時間が早いので、会社が終わってから寄れるところが少ないのが残念です。人と一緒に遊びに行くところはたくさんあるけれど、一人ですることはあまりない街、という印象です。

暮らし方に変化はありましたか。

長野に来て思うのは、人間らしい生活ができているということ。健康的な生活になったと思います。早寝早起きになりましたし、空気も澄んでいて、すがすがしくて気持ちがいい。結果、前よりもアクティブになった気がします。

Iターンを考えている方にアドバイスをお願いします。

知り合いを増やすことが大事です。単身でIターンをする場合は特にそうですね。週末はできるだけいろいろな人と出かけるようにしています。夏はゴルフ、冬はスキー、それに飲みに行ったり。会社のイベントやサークル活動にも積極的に参加しています。ミマキは中途採用の人も多いので、いろいろな人と仲よくなりやすいですよ。

今後の夢を教えてください。

せっかくミマキには海外の事業所がたくさんあるので、この際、海外に転勤もありかな(笑)。

キャリア採用情報へ